仕入れが決めて


卸売市場 画像2

卸売市場 画像
↑↑甲府市卸売市場

海鮮居酒屋“大衆魚場がり”の店主が、元々甲府市にある卸売市場で働いていたので、魚の仕入れにはかなりのこだわりをもっています。
山梨県には海がないため、新鮮な魚を食べることが他県に比べて少ないため、多くの人に美味しい魚料理、海鮮料理を食べてもらいたいという気持ちが常にあります。だからこそ納得がいくまで魚を吟味して、良い魚だけを厳選して買い付けしてます!!

魚の選び方のポイントは3つあります。「漁場」・「漁法」・「産地」です。
日々、市場で魚を仕入れ、現地の人をコミュニケ―ションを取っているからこそ、信頼関係を築けている人から優先的に良い魚を教えてくれたりという事もよくあります。



卸売市場ってどんな場所?

私たちの食生活に欠かすことができない食べ物(魚・野菜・果物など)を全国各地から集荷し、売り手と買い手との取引が行われる場所。

生鮮食料品は、一般の商品と違って、鮮度が落ちやすく、長期に渡る保存が難しいことや、天候や生産状況によって価格の変動が大きい。このような食料品は、衛生面がとても大事になってくるため、不衛生な食料品だと、消費者も生産者も心配になってしまいます。

こういったことを防ぐために、流通機構として、“卸売市場”が設置されることになり、衛生面でも整備された施設で、法令に基づいたルールに従って取引をしています。
PAGETOP