込めた想い

込めたPH1
海鮮居酒屋”がり”の魚はその日に市場から仕入れた物で決まります。だから毎日、オススメ料理が変わるのです。毎朝、市場に出向き、その日に水揚げされた魚介類の善し悪しを自らの眼で確かめて仕入れます。市場に毎朝、足を運ぶ理由はただ「安く仕入れたいから」だけではありません。そこには「市場の人たちと固い信頼関係を築く」という思いがあります。仕入れに対する真剣さが伝われば、相手も素直に答えてくれるものです。





込めたPH4

たとえば「馴染みのない魚をどう食べていただくか」「その魚の旨味をどう伝えるか」など。お客様が口にされた時の驚きだったり、楽しそうだったりされる顔をみるのがやりがいです。メニューを考案するときは、お客様にとって「驚き」と「喜び」があること。「より良いものを、より美味しく、できるだけ安く」お客様に驚きをもって楽しんでいただきたい。それだけです!!

大衆漁場がり 店主
PAGETOP